Vostok Sound Organizationの公式レーベルブログ


by penelox3

ジ・エース インタビュー 

The Ace interview Part 1

 今回より数回に分けて、The Aceの中心人物であるジョニー・メイガスのインタビューを掲載します。なお、2月の最新情報では文中のメンバーのうちトラヴィスが脱退しトリオになった模様ですが、このインビューは昨年秋に行われたものですので、一部反映されていない内容であることをご理解下さい。

b0131930_14492352.jpg

ジョニー・メイガス(ギター / ヴォーカル)

Jonny Magus(Guitar/Vo)


Part 1. 「アップタイトからフリーブーティング・プロフィティアーズ、そしてジ・エースへ」


Questions from Tatsuhiko answered by Jonny Magus Of The Ace

1. Tell me about the history of The Ace. How did you get together?

1. バンドのおおまかな歴史を教えてください。また、どのようにしてメンバーは集まりましたか?


The Ace's origins stem back to the split in 2004 of the mod-garage band (Thee Mighty) Uptight that myself (Jonny Magus) and Travis were members of. The split was a sad moment, as all the band had given 6 years of hard work playing crazy mod garage. Travis and I decided to carry on playing, so we started putting together our next project, Freebooting Profiteers. Travis now swapped from playing Hammond organ to guitar, so this instantly started to shift the sound of our new band away from that of (Thee Mighty) Uptight. Along the way we recruited massive The Jam fan Jonny Fox on bass and Jefferson on drums.

 エースの始まりは俺(ジョニー・メイガス)とトラヴィスがメンバーだったモッド・ガレージバンド"Thee Mighty Uptight"の2004年の分裂にまで遡る。分裂は悲しい瞬間だったよ、何しろバンドは5年間もクレイジーなモッドガレージを必死でやってきてたからね。トラヴィスと俺は演奏し続けることにし、それで次のプロジェクトである"Freebooting Profiteers"を一緒にやり始めた。トラヴィスはハモンドオルガンからギターに代わり、Thee Mighty Uptightの音とはだいぶ違う音に変化し始めた。それに平行してベースにThe Jam狂いのジョニー・フォックス、そしてドラムにジェファーソンを加えた。


The Freebooting Profiteers added an extra dose of late 70s power-pop to the mod-garage sounds of our previous band, so we gigged and recorded for the next few years. We recorded enough songs for an album, received good reviews and gathered plenty of airplay from rock 'n roll radio shows throughout USA, Canada, France, UK, Spain and Australia. We even had a label interested in putting out the album and things were looking quite good until the summer of 2007, when mysteriously, Freebooting Profiteers fizzled out with a whimper, and we fractured apart.


 Freebooting Profiteersは俺たちの前のバンドのモッドガレージな音に70's後半のパワーポップをさらに盛った感じで、以後数年ギグをやり、レコーディングをし続けた。アルバムを作るのに十分な数の曲をレコーディングし、好意的なレビューをもらい、アメリカ、カナダ、フランス、イギリス、スペイン、それにオーストラリアのロックンロール系のラジオ番組でたくさんかけてもらった。アルバムを出すのに興味を示してくれるレーベルさえあって、状況は2007年の夏までは全く良い感じだったんだ。それが奇妙なことに、Freebooting Profiteersは涙のうちに終わってしまい、我々はバラバラになってしまった。


After a few months in the wilderness, we reconvened under a new band name ‘The Ace’ with myself (Jonny Magus), Jonny Fox, Travis and Davey Fairbrother, of Leeds mod beat band The Lost 45s UK, helping out on drums. After two rehearsals with this initial line-up, we played our first gig as The Ace, and it was a magnificent. We had decided to change our name to The Ace, to give ourselves a fresh start and a name that reflected our modish roots, but we did decide to continue playing the songs we wrote as Freebooting Profiteers, but now as The Ace. We are also in the process of writing plenty of new songs.


 数ヶ月苦しんだ後、我々は新しい名前The Aceで再スタートを切った。メンバーは俺自身(ジョニー・メイガス)、ジョニー・フォックス、トラヴィス、それにドラムで手伝ってくれてるリーズのモッド・ビートバンドのThe Lost 45s UKのデイヴィー・フェアブラザーでね。このラインナップで2回リハーサルをした後最初のギグをした訳だが、これが素晴らしかったんだ。フレッシュなスタートを切るために、それに我々のモッズとしてのルーツを反映してジ・エースとすることに決めてたんだけれど、フリーブーティング時代に書いた曲もやり続けることにした。今またたくさんの新しい曲を書いてるところさ。


Eventually Andy Walton came along and joined The Ace on drums, so Dave could get back to his own band. This particular line-up of Jonny Magus, Jonny Fox, Andy Walton and Travis lasted about 8 months, in which we played quite a lot of gigs and recorded some more songs. Unfortunately, in the summer of 2008, Jonny Fox and Andy decided it was their time to leave the band, so Travis and I were back in the same position as we were at the end of (Thee Mighty) Uptight years.


 最終的にはアンディー・ウォルトンが来てドラムで加わったんで、デイヴィーは自分のバンドに戻った。このメンツで8ヶ月続いて、沢山のギグとさらにいくつかの楽曲をした。残念ながら、2008年の夏にはジョニー・フォックスとアンディーがバンドを辞めるときだと判断したんで、結局は(Thee Mighty) Uptight時代の終わりの頃のメンバーに戻ったんだけどね。


All was not lost though, Nige Spencer, a friend of Dave Fairbrother and member of The Lost 45 UK, is now playing bass for The Ace, which is great news, as Nige is a great song-writer, singer and a magnificent musician. It also seems that things have come full circle as former (Thee Mighty) Uptight drumming loon Dynamite Daz Lee has come back into the fold, so Dynamite Daz is now playing drums for The Ace. Daz’s drumming is eccentric and extreme, all energy and fire, a totally demented style. With two such maverick musicians coming into the band, we’re starting to develop a more unhinged but exciting sound. The current line-up (Autumn 2008) is Jonny Magus (guitar/vocals), Travis (guitar/vocals), Nige Spencer (bass) and Dynamite Daz Lee (drums). The strand between all the soap opera style comings and goings of musicians has been Dave Fairbrother of the late but very great Leeds mod band The Lost 45s UK, as he was the catalyst in getting The Ace motivated; and his constant help and advice has always been greatly appreciated.


すべてが失われた訳ではないんだよ。デイヴ・フェアブラザーの友人でThe Lost 45s Ukのメンバーでもあるナイジ・スペンサーが今The Aceでベースを弾いている。これは素晴らしいニュースだね。というのは、ナイジは素晴らしいソングライター、シンガーであり、優れたミュージシャンでもあるからなんだ。それに、元(Thee Mighty ) Uptightのドラム狂い、ダイナマイト・ダズ・リーが帰って来て、いまThe Aceで叩いてるんで、事態は完全に元に戻ったようにも思えるんだ。奴のドラミングは風変わりで極端で、エネルギーと炎の塊という、全くもってイカれたスタイルなんだ。そういう二人の一匹オオカミ型のミュージシャンがバンドに入ったんで、我々はより狂った、エキサイティングな音を推し進め始めてる。2008年秋のラインナップはジョニー・メイガス(G/Vo)、トラヴィス(G/Vo)、ナイジ・スペンサー(B)それにダイナマイト・ダズ・リー(Dr)。このバンドのミュージシャンの加入、脱退のメロドラマで結局足止めになってたのは、偉大なるリーズのモッド・バンドThe Lost 45s UKのデイヴ・フェアブラザーだったんだよな。彼はThe Aceの活動に刺激を与えてくれたきっかけだし、彼の揺るぎない助けやアドバイスにはとても感謝してる。

(part 2に続く)



The Ace MySpace page
[PR]
by penelox3 | 2009-03-17 15:08 | The Ace