Vostok Sound Organizationの公式レーベルブログ


by penelox3
 "Sweet Psychedelic Orange"がこの度、The Penelopesの2006年のアルバム"Summerdew Avenue"とともに、東京のThisTime Recordsのオンラインショップにて取り扱い開始となりました!
この機会に是非どうぞ!

"Sweet Psychedelic Orange"


The Penelopes "Summerdew Avenue"
[PR]
# by penelox3 | 2010-02-24 01:09 | インフォメーション
b0131930_10354912.jpg


 昨年10月25日にリリースいたしましたワールドワイドなコンピレーション「スウィート・サイケデリック・オレンジ」、発売よりちょうど1年を経過しました。良い機会ですので改めてお知らせさせて下さい!

b0131930_10355953.jpg


 詳細、購入方法につきましては下の記事を御覧頂きたいのですが、フレッシュで良質なポップロックを私watanabeが自分の耳とセンスを頼りに世界中から集め、纏め上げたオムニバスCDです。ぜひ皆様、手に取って聴いてみて下さい。

以下は参加して下さったアーティストの楽曲のいくつかです。

■The Ace - Adamantine Sorceress Of Ecstasy



■Santa Dog - Belle De Jour



■Monsieur Mo Rio - There Isn't Any Truth



 以下はコンピ収録曲ではありませんが、参加アーティストのテイストがわかりますので参考まで。

■Age Of Jets - My Fascination Is Music



■The Music Lovers - You Have The City



■Fiel Garvie - Airsong


b0131930_10361035.jpg


残り枚数も少なくなって来ております。この機会にぜひどうぞ!
[PR]
# by penelox3 | 2009-10-27 10:38 | インフォメーション
b0131930_14234689.jpg


 銀行またはPayPalにて代金2100円(送料は無料です)をご送金いただき、入金が確認出来次第商品をお送りいたします。まずはご送付先を記載したメールをお送りください。送金に必要な情報をお知らせします。

Emailアドレス:-
baanb009@jttk.zaq.ne.jp

PayPal (日本語)


以下の各店でもご購入いただけますので、ぜひどうぞ。

Apple Crumble Record(東京・渋谷)

■Pop・Satori(名古屋・中村区)
名古屋市中村区椿町20-15 国鉄会館1F
名古屋駅より徒歩約4分
地図
TEL: 052-453-5033

SEANT(名古屋・栄)
名古屋市中区栄3丁目34-41
地下鉄矢場町4番出口を出てパルコ西館と南館の間の細い道を西へ300m、ガラス張りの建物
地図
TEL: 052-261-4453
TEL: 052-261-4453

Velvet Moon(大阪)
お問い合わせ:
info@velvet-moon.com

disques dessinee(ディスク・デシネ) (神戸・元町)
兵庫県神戸市中央区栄町通 2-1-2
日東ビルディング B03
JR、阪神「元町駅」より、南(海側)へ徒歩約5分
旧店舗より、南西へ徒歩約7分
地図

なお、ダウンロードによる音源販売はいたしませんのでご了承ください。
[PR]
# by penelox3 | 2009-10-25 05:15 | インフォメーション
The Ace interview Part 5

Part 5 「リーズ・シーン」

Questions from Tatsuhiko answered by Jonny Magus Of The Ace

The Ace MySpace page


6. This may be related to the question no.5. About the Leeds scene. Could you tell me the overall situation?
 先ほどの質問と関わるかも知れませんが、リーズ・シーンについてです。全体的な状況を教えてくれませんか?



b0131930_1122387.jpgThe Leeds scene is very healthy and extremely competitive, loads of venues and hundreds of bands. Bands like Black Wire and Kaiser Chiefs have put Leeds guitar music back into the mainstream after a long lull.

 リーズのシーンは沢山のヴェニューと何百ものバンドがひきめし合ってて、非常に健全かつ大変競争が激しいんだ。Black WireやKaiser Chiefsのようなバンドが、長くあった静けさを経てリーズのギターミュージックをメインストリームに押し戻したね。


The Leeds band of the moment are The Pigeon Detectives. They blend The Strokes style guitar, with massive terrace chant style choruses. There are so many bands in Leeds now it's hard to keep up. Leeds is still known for its arty bands, for which there are still a horde of them gigging around. I prefer the new proletarian pop bands storming into the mainstream and the charts, making loads of cash in the process. The Kaiser Chiefs and The Pigeon Detectives have good pop tunes and a great sense of humour in their music. The other major star to come out of Leeds over the last few years is Corinne Bailey Rae. She has showcased a more soulful style for the sounds of Leeds. She creates great pop music, but in a chilled out summery fashion.b0131930_11273197.jpg

 今旬のリーズのバンドといったらThe Pigeon Detectivesだ。The Strokesスタイルのギターにどデカい(サッカーのスタジアムでの)テラス・チャント的なコーラスをブレンドしてる。リーズには非常にたくさんのバンドがいるからチェックするのは大変だよ。

リーズは今でもアートっぽいバンドでも知られていて、ギグしてるバンドはメチャクチャ多いんだ(注・Punk/New Wave期以降リーズから出て来たバンドには、ギャング・オブ・フォー、ソフト・セル、シスターズ・オブ・マーシー、ウェディング・プレゼントなどがいる)。俺としてはメインストリームやチャートに殴り込んでたくさん金を稼いでる新しい労働者階級のバンドの方が好きだけどね。The Kaiser ChiefsやThe Pigeon Detectivesは良い曲書いてるし、音楽の中に素晴らしいユーモアのセンスがあるよ。過去数年でリーズから出て来た他のメジャースターと言えばコリーヌ・ベイリー・レイだな。彼女はリーズの音のよりソウルフルなスタイルを提示してる。素晴らしいポップミュージックをやってるけど、くつろいだ夏向きのスタイルだね。


b0131930_11292348.jpgThe above bands/artists are from the mainstream, but my favourite Leeds bands are more rebellious, more tuneful, or extremely unlucky. Travis and I used to really like rock 'n roll band 10,000 Things who were an awesome live band. They did manage to get an album out on a decent label, but unfortunately, they were savaged by the music press, and their label dropped them. Sam Riley, the singer of The 10,000 Things, is now turning into a film star. He is the young man who played Ian Curtis in the recent biopic Control, to great reviews. It is strange how things work out sometimes.

 上に挙げたバンドやアーティストはメインストリームから出て来てる人達だけれど、俺のお気に入りのリーズのバンドはもっと反抗的で曲が良くて、あるいは極めて不運だったりでね。トラヴィスと俺はかつて、とてつもないライブバンドである10,000 Thingsっていうロックンロールバンドが凄く好きだった。彼らはそこそこのレーベルからなんとかアルバムを一枚出したんだけれど、運悪く音楽プレスの攻撃を受けて、レーベルは彼らをお払い箱にした。b0131930_11311137.jpgバンドのシンガーだったサム・ライリーは、今じゃ映画スターになってる。彼は素晴らしい評価を得たイアン・カーティスの最近の自伝的映画"Control"でイアンを演じた若者さ。物事ってのは時に不思議な方向に転ぶもんだよな。








Another great Leeds band are The Terminals. They are an in yer face high energy pop punk rebel band who play with real flair, and have lots of catchy as hell tunes, great stuff. They feature former members of The Pale Saints and Edsel Auctioneer.

 もうひとつの素晴らしいバンドはThe Terminals。彼らはホンモノの才能でプレイし、鬼のようにキャッチーこの上ない曲を沢山持ってる、真っ向勝負のハイ・エナジーな反抗的ポップパンクバンドなんだ。The Pale SaintsやEdsel Auctioneerの元メンバーが在籍してる。


The final Leeds band I must mention is the great mod beat band The Lost 45s UK who released an album on the Biff Bang Pow! label and put out several superb self-released singles. They recently split up, which is sad news, as they were fellow travellers of the mod pop furrow and they played a whole suite of superb songs. With former Lost 45 Nige currently playing bass for The Ace, and their drummer Davey Fairbrother helping us out loads in the past, The Ace have a strong connection to The Lost 45s UK. Hopefully they’ll get back together with loads of great new tunes, sometime in the future.


b0131930_11302760.jpg 最後にどうしても挙げときたいバンドは、Biff Bang Pow! というレーベルからアルバムを一枚、それにいくつかの最高の自主リリースのシングルを発表してる、素晴らしいモッド・ビートバンドのThe Lost 45s UKだね。彼らは最近解散してね。これは悲しいニュースだったな。彼らは同じモッド・ポップの道を進んだ仲間だったし、ひとそろいの最高な曲をやってたからね。元メンバーのナイジは今ウチのバンドでベースを弾いてるし、ドラマーのデイヴィー・フェアブラザーは過去にずいぶんと助けてくれたからね、The Aceは彼らとは強い繋がりがあるんだ。将来いつの日か、彼らが沢山の素晴らしい新曲とともに戻って来てくれたら良いのになって思うよ。
[PR]
# by penelox3 | 2009-03-24 11:37 | The Ace
The Ace interview Part 4

Part 4 「UKモッドシーン、そして英国各地の熱い動き」

Questions from Tatsuhiko answered by Jonny Magus Of The Ace

The Ace MySpace page


5. About the UK Mod scene. Are you concerned with the contemporary part of it? Is there any new movement that excites you?

 イギリスのモッドシーンについてです。あなた方はコンテンポラリーなモッドシーンと関わりがあるのですか?ワクワクさせるような新しい動きは何かありますか?



b0131930_1528337.jpgThe UK mod scene is in a good health, with Rob Bailey's New Untouchables putting on loads of great events throughout London, the UK and Europe. Obviously the broad mod umbrella includes lots of styles of music from blues R&B, northern soul, Hammond jazz, on to ska and reggae, and then to the noisier guitar styles of beat, pop art, freakbeat, power-pop, mod-garage, psyche-pop, modrevival, Britpop and retro sounding indie bands. There's a growth of old school modernism happening within the clubs, with R&B, soul and blues getting more popular, so folk can have a good dance to those classic sounds. There are lots of little scenes and promoters throughout towns and cities of Great Britain, so there is loads going on.

 イギリスのモッドシーンは実に良い状況にあるね。ロブ・ベイリーの"New Untouchables"がロンドン、英国それにヨーロッパ中で素晴らしいイヴェントを沢山やっていてね。ブルース、R&B、パワーポップ、ノーザンソウル、ハモンド。ジャズからスカ、レゲエ。それにもっとノイジーなギタースタイルのビート、ポップアート、フリークビート、パワーポップ、モッド/ガレージ、サイケポップ、モッドリバイバル、ブリットポップやレトロな音のインディーバンドに至るまで、いま明らかに幅広いモッドの傘は沢山の音楽スタイルを含んでる。昔ながらのモダニズムはR&Bやソウル、ブルースがより人気になるにつれて成長していて、だから人々はそれらのクラシックな音も楽しめるようになってる。英国中の町に沢山の小さなシーンやプロモーターがいて、賑やかだよ。



In Leeds, there is the 25th Hour Collective who promote excellent mod events filled with R&B, soul, ska, latin, beat and funk for the discerning dancer in smart threads. Then there's Brighton Beach at Leeds University, which is more proletarian in style, mixing up beat, garage, R&B, psyche, soul with modern indie and Britpop to lots of drunken students and some bemused smartly dressed mods. I think the current mod scene is dynamic with good times, classic tunes and dancing the night away.

 リーズにはR&B、ソウル、スカ、ラテン、ビート、ファンクで一杯の素晴らしいモッド・イヴェントをプロモートしてる25th Hour Collectiveがある。それにリーズ大学にはBrighton Beach。これはよりプロレタリア的なスタイルで、ビートやガレージ、R&B、サイケ、ソウルを現代のインディーやブリットポップと混ぜ合わせて、沢山の酔っぱらい学生達と何人かのボンヤリした小ぎれいなモッズ達に提供してる。現代のモッドシーンはいい時間とクラシックな曲で踊り明かすダイナミックなものだと思うよ。


I think the gigging scene for mod/power-pop/garage bands outside of London is slightly more restricted. A band like us mainly plays on the pub circuit with all the other indie and rock bands, but we occasionally get invited to a mod, garage or power-pop themed night. If we wanted to play a mod/garage/power-pop night regularly, we'll have to organise it ourselves.

 ロンドンの外のモッド/パワーポップ/ガレージバンドの ギグ・シーンはもう少し限界があるとは思うな。我々のようなバンドは主に他のインディーバンドやロックバンドとパブサーキットでプレイすることになる訳だけど、時にモッドやガレージ、パワーポップをテーマにしたイヴェントに招かれることもある。そういうイヴェントを定期的にやりたければ、自分たちでオーガナイズしないといけないね。


My personal favourite scene in the UK has always been the guitar scene in Liverpool, modern Mersey-beat if you like. The bands from Liverpool seem to have great catchy songs written into their DNA. I have really liked recent bands like The Coral, The Bandits, The Pedantics, The Great North Western Hoboes, Free Peace, Candie Payne, The Zutons, as well as the classic Liverpool bands such as The La’s, The Stairs and Shack, great tunes galore.

 俺が個人的に好きな英国のシーンというと、いつもリヴァプール - モダン・マージービートと呼んでも良いけど- だったよ。リヴァプール出身のバンドは素晴らしいキャッチーな曲がDNAに書き込まれてるんじゃないかな。最近のバンドだとThe Coral、The Bandits、The Pedantics、The Great North Western Hoboes、Free Peace、Candie Payne、The Zutonsなんかホント好きなんだ。The La'sやThe Stairs、Shackのようなクラシックなバンドもそうだけど、素晴らしい曲の宝庫なんだよな。


Travis of The Ace really digs a band called Dogs from London, who have supported Paul Weller in the past. They have that firebrand punky mod power-pop mayhem going on in their sound; like a collision of The Clash and The Jam, which Travis really likes.

b0131930_15285093.jpg

 トラヴィス(2月に脱退した、もうひとりのバンドの核。英国ならびにヨーロッパの鉄道関連の仕事に就いていて、バンドとの両立が難しくなって来たので、ひとまず音楽活動から離れた)はロンドン出身のDogsというバンドが好きなんだ。彼らは過去にポール・ウェラーをサポートしたことがある。彼らは燃えるようなバンクっぽいパワーポップの破壊サウンドをやっていて - まるで(トラヴィスが好きな)クラッシュとジャムが衝突したみたいな感じなんだ。


The most exciting region for producing great mod-garage bands is still the Medway region, with Graham Day And The Gaolers kicking out a great rampage of an album recently and the awesome The Len Price 3 who have loads of great tunes. The Len Price 3 are my favourite band of the last 5 years, catchy melodies galore, guitars with big chords and great harmonies. They are like The Who and The Kinks mixed with the Ramones and Beatles style harmonies, I proper love them.

 素晴らしいモッド/ガレージバンドを生み出してる最もエキサイティングな地域といったら、メドウェイ(Medway)だね。Graham Day(元プリズナーズ) &The Gaolersが最近凄まじく凶暴なアルバムを出したし、The Len Price 3は良い曲が一杯ある。The Len Price 3は過去5年で一番気に入ってるバンドでね、たくさんのキャッチーなメロディーなビッグ・コード、素晴らしいハーモニーのギター。彼らはまるでThe WhoやThe KinksにThe RamonesやThe Beatlesスタイルのハーモニーをミックスしたような感じなんだ。奴らのことは徹底的に大好きだね。

(part5に続く)
[PR]
# by penelox3 | 2009-03-22 15:38 | The Ace
The Ace interview Part 3

Part 3. 「レコーディングとソングライティング」

Questions from Tatsuhiko answered by Jonny Magus Of The Ace


3. It seems you are recording songs so frequently. Could you tell me the process of the recording?

 録音を凄く頻繁にやってますよね(※私に新しい音源をCD-Rで次々に送って来る時期があった)。録音のプロセスを教えてくれます?


b0131930_1619584.jpg


We record as much as we can, but in our perspective we don't really record enough, as we have plenty of songs. Our main limitation is cash, as with all bands, so we record when we have gathered enough money. Our first priority is trying to raise the cash. We work with Carl Rosamond at Billiard Room Studio is Leeds. Carl is a master sound engineer and he is superb at mixing; basically, he is a great bloke to be around when dealing with creativity and song. It is always great fun when we record with Carl, even when we're working hard. Travis and I have been recording with him since 1999. Carl is a busy live sound engineer and has been touring with various acts all over the world for the last few years, so we try to book him when he is back in Leeds.


 レコーディングは出来るだけやるよ。でもたくさん曲があるから、俺の見方としては実際はそれでも十分じゃないんだけどね。すべてのバンドに通じることだけど、我々の一番の限界といったら金なんだ。だから十分なお金が集まったら録音するようにしてる。最優先してるのはお金を集めようとすることだね。

 リーズのビリヤード・ルーム・スタジオのカール・ロザモンドとよく録音する。カールは優れたサウンド・エンジニアであり、ミックスの腕も最高だ。基本的に彼は、創造性とか曲について論じる際に近くにいてくれると実に素晴らしい奴なんだ。カールと録音するのはいつも凄く楽しい。一生懸命やってる時でさえね。トラヴィス(※2月に仕事上の都合で脱退)と俺は1999年からずっと彼とやってる。とても忙しいライヴサウンド・エンジニアで、過去数年世界中を様々なアーティスト達とツアーしてた。だから、彼がリーズに戻って来ると予約するようにしてるんだ。


When we have the cash and Carl is around, we charge into the studio. We usually record, mix and master songs over one weekend, trying to put the songs down as quickly as possible. We limit ourselves to four songs within a session, as we've found we can just squeeze that many songs into the time we have and still get a great mix. In terms of picking songs, we democratically choose four songs from the pool of new material we have, then we go in, record them and hope for the best. We have recorded every which way with Carl over the years, from the keeping it real analogue reel to reel methods, to keeping it unreal with all out digital trickery. We're not purists, we'll use whatever method is the most efficient in getting the best sound for our songs in the time we have to record.


 金があってカールがリーズにいる時は、俺たちはスタジオに飛び込む。たいてい週末じゅうで録音、ミックスそしてマスタリングまでをやって、出来るだけすぐに完成させる。一回のセッションでは4曲までと決めておく、というのは、それぐらいの数の曲なら使える時間にちょうど収まるし素晴らしいミックスも手に入るとわかったからなんだ。どの曲を選ぶかについては、手持ちの沢山の新曲から民主的に4曲選ぶ。そして、スタジオに入り、最高のものになることを願って録音すると。何年もカールと、ありとあらゆるやり方で録音して来たよ。ホンモノのアナログのテープ録音から、デジタルでごまかした現実味のないものまでね。俺たちは純粋主義者じゃない。録音しなきゃならない時に持ってる曲に一番良いサウンドを加えるのにもっとも効果的ならばどんな方法でも使うさ。

b0131930_16201929.jpg


4. What do you always pay attention to in recording? Because your music usually seems to be categorized into Mod/Garage genre, but there's always some strong, catchy hook in your song, which sometimes tends to be forgotten in the genre. Are you conscious of it?

 レコーディングに際して、いつも何に注意を払ってますか? というのは、あなた方の音楽はたいていモッド/ガレージのジャンルにカテゴライズされてるように思えますけど、曲にはまたいつも強い、キャッチーなフックがあるんですよね。これはこのジャンルでは時として忘れられがちです。その辺りは意識してます?



I think it is the songs we choose rather than the way we record. We always try to vary the mood and style of our songs as much as possible. I think the only constant is that nearly all our songs are in the upbeat, keep it to the short type of tunes. When we record the more visceral garage numbers like our tunes Industrial Slit and Tonight, we try to put as many hooks in as possible, whether it be the chorus, certain riffs, big chords changes or a simple chuck berry style solo. Hopefully amongst the mayhem, there is enough melody to keep the ears listening.


 それは録音のやり方よりもむしろ選ぶ曲の話だと思うね。俺たちはいつも、出来るだけ曲のムードやスタイルを拡げようとしている。唯一一貫しているのは、俺たちの曲がほぼすべてアップビートで、短い曲のタイプに絞ってる、ということなんだと思う。"Industrial Slit"や"Tonight"のような荒削りなもっとガレージナンバーを録音する時は出来るだけ多くのフックや、コーラス、リフ、大きなサビへのチェンジとか、シンプルなチャック・ベリー・スタイルのソロを入れようとしたりする。そういう破壊的ななかにも、耳馴染みの良いメロディーが十分残ってるといいなと思うよ。


I think with a lot of the bands ploughing the mod or garage genre, they obsess over recreating various retro sounds, rather than actually concentrating on the song writing. Primitive or not, a crap song is a crap song, no matter how great the sound of the recording might be. To be honest, you never really know how a song will turn out until it is recorded, but some effort in putting together a solid verse and a catchy chorus can make all the difference. If you're clever enough, then you can do a middle bit.


 モッドとかガレージのジャンルでやってる多くのバンドについて言えば、彼らは実際にソングライティングに集中するよりむしろ、様々なレトロサウンドを作り直すことに夢中になってるんだと思うよ。プリミティヴだろうが何だろうが、録音した作品の音がどんなに素晴らしくても、クズな歌はやっぱりクズだよ。正直言えば、録音されるまで曲というものはどうなるかはわからないものなんだ。しかしソリッドなヴァースとキャッチーなサビの効果によって、曲は全く素晴らしいものになる。もしこのへんのことがわかるぐらい十分クレバーなら、そこそこのものは出来るはずだよ。


I think we try to concentrate on our songs in terms of simple song constructions, but with a maximum amount of energy, hooks, guitar riffs and licks, melodic bass lines, big rhythmical beats then we hope that the chorus is catchy enough.


 シンプルな楽曲構造をベースに、しかし沢山のエネルギー、フック、ギターリフとリック、メロディックなベースライン、リズミカルなビートを持つ・・・そういう我々の楽曲に専念して、そしてコーラスが十分キャッチーになればいいなと、そう考えてる。


We try to vary the style and mood of our songs. New tunes Turn The World Upside Down, Gatso and Alright have a 70s influenced mod power-pop punk feel of The Jam and The Undertones, so that is a slight shift from our past 60s influences. Saying that, we have songs like Supernatural, Wings of Wax or Adamantine Sorceress of Ecstasy which are rooted in the whimsical jangly pop of the 60s, from the likes of The Byrds, The Beatles, the Searchers etc, we like to let those chiming guitars ring out. We also have a tune in the mid-60s mod style big chord crashing mod stomper SuperCool Super Cruel, a killer garage tune called Tonight, and a psychedelic pop song called Elysium Sky.


 さっきも言ったように、我々は曲のスタイルやムードを拡げようとしている。新曲の"Turn The World Upside Down"や"Gatso"、それに"Alright"なんかはジャムやアンダートーンズあたりの70年代に影響を受けたパワーポップ/パンクの感覚を持ってて、わずかながら過去の60年代の影響から動いてる。それに関して言えば、我々には"Supernatural"や"Wings of Wax"、あるいは"Adamantine Sorceress of Ecstasy"(今回のコンピ収録)のような、バーズ、ビートルズやサーチャーズのような60年代風のフラフラしたジャングリーギターポップに根ざしてるものがあって、ああいうギターをジャンジャン鳴り響かせてるのが好きなんだよな。それでいてまた、60年代中期のモッドスタイルのビッグコード・ダンスチューンたる"SuperCool Super Cruel"、ガレージの必殺チューン"Tonight"もあるし、サイケデリック・ポップの"Elysium Sky"もまたある訳でね。


b0131930_16203770.jpgI think varying the sounds of the guitars helps to create stylistic variation within our songs or so we hope. We try to adjust our guitar sounds in the studio, crunchy sounds, crashing chords, chiming guitars, dizzy fuzz, punchy distortions etc… these are like a paint palette of sound which can give a song its character. Also the way we try to sing a song hopefully will add to a tunes mood. A full on throat ripping train wreck of a vocal will suit the garage or punky numbers. A bouncy melodic voice goes well with the poppy songs. Overall, I think we mix up late 70s mod power-pop influences with the 60s obsessed mod garage sounds that we all really dig.


 曲ごとにギターサウンドを変えることで曲のなかにスタイル的な意味でのバリエーションを作り出すことが出来ていると思うし、そうなってればいいなと思う。スタジオでギターサウンドを整えようとするんだ。ザックリしたギターサウンド、破壊的ギターコード、ジャンジャン鳴り響くギター、目も眩むファズ、パンチの効いたディストーション・・・これらは言ってみれば、曲にキャラクターを与える音の(絵の具の)パレットのようなものなんだ。また、歌い方も曲にムードを与えたらいいなと思う。張り裂けんばかりの悲惨なボーカル(※こう訳していいのか・・・自虐的に書いてるのだと思います)はガレージやパンクっぽい曲に合ってるだろうし。弾むようなメロディックな声はポップな曲に合う。結局のところ、我々全員がホントにのめり込んでいるイカれた60年代のモッドガレージ・サウンドに70年代後半のパワーポップの影響を混ぜ合わせてるんだと思うな。


(part4 に続く)

The Ace MySpace page
[PR]
# by penelox3 | 2009-03-19 16:27 | The Ace
The Ace interview Part 2

Part 2. 「好きな音楽」

Questions from Tatsuhiko answered by Jonny Magus Of The Ace

2. About the fave music. What kind of music each of you dig? (If possible please name your fave artists, fave albums, fave songs... )

好きな音楽についてです。メンバーそれぞれが好きな音楽を教えて下さい(好きなアーティスト、アルバム、曲などを)。



■Jonny Magus - Guitar/Vocals
ジョニー・メイガス(ギター/ヴォーカル)
b0131930_22523173.jpg












Fave Artist/ Bands:-
Bob Dylan, The Beatles, Velvet Underground, The Small Faces, The La’s

Fave Albums:-
Revolver - The Beatles
Loaded - The Velvet Underground
The La's - The La's
Highway 61 Revisited - Bob Dylan
Chinese Burn - The Len Price 3
Various Rubbles, Nuggets, Pebbles, 60s mod garage psyche compilations.

b0131930_2343831.jpgb0131930_235226.jpgb0131930_23543100.jpg







Fave songs (at this moment in time):-
When The Ship Comes In - Bob Dylan
The Last Hotel - The Len Price 3,
Talking To The Flowers – The Everly Brothers
The House Of The Rising Sun - The Animals


■Nige Spencer – Bass
ナイジ・スペンサー(ベース)
b0131930_22513921.jpg












Fave Artist/Bands:-
The Beatles, The Specials, The Stairs

Favourite Albums:-
Revolver - The Beatles,
Mexican R&B - The Stairs,
The Specials - The Specials
Piper At The Gates Of Dawn - Pink Floyd
Brain in a Box: The Science Fiction Collection
Various Rubbles, Nuggets, Pebbles, 60s mod garage psyche compilations.

b0131930_23135291.jpgb0131930_2314982.jpg







Fave songs (at this moment in time):-
Shapes OF Things – The Yardbirds
Flying Machine – The Stairs
Tired Of Waiting – The Kinks
Inside Looking Out – The Animals


■Dynamite Daz – Drums
ダイナマイト・ダズ(ドラムス)
b0131930_22515729.jpg









Fave Artist/ Bands:-
The Who, The Small Faces, The Black Keys

Fave Albums:-
My Generation - The Who
Quadrophenia - The Who
Ultimate Collection - The Small Faces
Kick Out The Jams - MC5
Thickfreakness - The Black Keys


b0131930_2315641.jpgb0131930_23151942.jpg







Fave songs (at this moment in time):-
Tin Solider - The Small Faces
Making Time – The Creation
Kick Out The Jams – MC5
Maintaining My Cool – The Sonics
[PR]
# by penelox3 | 2009-03-18 23:18 | The Ace
The Ace interview Part 1

 今回より数回に分けて、The Aceの中心人物であるジョニー・メイガスのインタビューを掲載します。なお、2月の最新情報では文中のメンバーのうちトラヴィスが脱退しトリオになった模様ですが、このインビューは昨年秋に行われたものですので、一部反映されていない内容であることをご理解下さい。

b0131930_14492352.jpg

ジョニー・メイガス(ギター / ヴォーカル)

Jonny Magus(Guitar/Vo)


Part 1. 「アップタイトからフリーブーティング・プロフィティアーズ、そしてジ・エースへ」


Questions from Tatsuhiko answered by Jonny Magus Of The Ace

1. Tell me about the history of The Ace. How did you get together?

1. バンドのおおまかな歴史を教えてください。また、どのようにしてメンバーは集まりましたか?


The Ace's origins stem back to the split in 2004 of the mod-garage band (Thee Mighty) Uptight that myself (Jonny Magus) and Travis were members of. The split was a sad moment, as all the band had given 6 years of hard work playing crazy mod garage. Travis and I decided to carry on playing, so we started putting together our next project, Freebooting Profiteers. Travis now swapped from playing Hammond organ to guitar, so this instantly started to shift the sound of our new band away from that of (Thee Mighty) Uptight. Along the way we recruited massive The Jam fan Jonny Fox on bass and Jefferson on drums.

 エースの始まりは俺(ジョニー・メイガス)とトラヴィスがメンバーだったモッド・ガレージバンド"Thee Mighty Uptight"の2004年の分裂にまで遡る。分裂は悲しい瞬間だったよ、何しろバンドは5年間もクレイジーなモッドガレージを必死でやってきてたからね。トラヴィスと俺は演奏し続けることにし、それで次のプロジェクトである"Freebooting Profiteers"を一緒にやり始めた。トラヴィスはハモンドオルガンからギターに代わり、Thee Mighty Uptightの音とはだいぶ違う音に変化し始めた。それに平行してベースにThe Jam狂いのジョニー・フォックス、そしてドラムにジェファーソンを加えた。


The Freebooting Profiteers added an extra dose of late 70s power-pop to the mod-garage sounds of our previous band, so we gigged and recorded for the next few years. We recorded enough songs for an album, received good reviews and gathered plenty of airplay from rock 'n roll radio shows throughout USA, Canada, France, UK, Spain and Australia. We even had a label interested in putting out the album and things were looking quite good until the summer of 2007, when mysteriously, Freebooting Profiteers fizzled out with a whimper, and we fractured apart.


 Freebooting Profiteersは俺たちの前のバンドのモッドガレージな音に70's後半のパワーポップをさらに盛った感じで、以後数年ギグをやり、レコーディングをし続けた。アルバムを作るのに十分な数の曲をレコーディングし、好意的なレビューをもらい、アメリカ、カナダ、フランス、イギリス、スペイン、それにオーストラリアのロックンロール系のラジオ番組でたくさんかけてもらった。アルバムを出すのに興味を示してくれるレーベルさえあって、状況は2007年の夏までは全く良い感じだったんだ。それが奇妙なことに、Freebooting Profiteersは涙のうちに終わってしまい、我々はバラバラになってしまった。


After a few months in the wilderness, we reconvened under a new band name ‘The Ace’ with myself (Jonny Magus), Jonny Fox, Travis and Davey Fairbrother, of Leeds mod beat band The Lost 45s UK, helping out on drums. After two rehearsals with this initial line-up, we played our first gig as The Ace, and it was a magnificent. We had decided to change our name to The Ace, to give ourselves a fresh start and a name that reflected our modish roots, but we did decide to continue playing the songs we wrote as Freebooting Profiteers, but now as The Ace. We are also in the process of writing plenty of new songs.


 数ヶ月苦しんだ後、我々は新しい名前The Aceで再スタートを切った。メンバーは俺自身(ジョニー・メイガス)、ジョニー・フォックス、トラヴィス、それにドラムで手伝ってくれてるリーズのモッド・ビートバンドのThe Lost 45s UKのデイヴィー・フェアブラザーでね。このラインナップで2回リハーサルをした後最初のギグをした訳だが、これが素晴らしかったんだ。フレッシュなスタートを切るために、それに我々のモッズとしてのルーツを反映してジ・エースとすることに決めてたんだけれど、フリーブーティング時代に書いた曲もやり続けることにした。今またたくさんの新しい曲を書いてるところさ。


Eventually Andy Walton came along and joined The Ace on drums, so Dave could get back to his own band. This particular line-up of Jonny Magus, Jonny Fox, Andy Walton and Travis lasted about 8 months, in which we played quite a lot of gigs and recorded some more songs. Unfortunately, in the summer of 2008, Jonny Fox and Andy decided it was their time to leave the band, so Travis and I were back in the same position as we were at the end of (Thee Mighty) Uptight years.


 最終的にはアンディー・ウォルトンが来てドラムで加わったんで、デイヴィーは自分のバンドに戻った。このメンツで8ヶ月続いて、沢山のギグとさらにいくつかの楽曲をした。残念ながら、2008年の夏にはジョニー・フォックスとアンディーがバンドを辞めるときだと判断したんで、結局は(Thee Mighty) Uptight時代の終わりの頃のメンバーに戻ったんだけどね。


All was not lost though, Nige Spencer, a friend of Dave Fairbrother and member of The Lost 45 UK, is now playing bass for The Ace, which is great news, as Nige is a great song-writer, singer and a magnificent musician. It also seems that things have come full circle as former (Thee Mighty) Uptight drumming loon Dynamite Daz Lee has come back into the fold, so Dynamite Daz is now playing drums for The Ace. Daz’s drumming is eccentric and extreme, all energy and fire, a totally demented style. With two such maverick musicians coming into the band, we’re starting to develop a more unhinged but exciting sound. The current line-up (Autumn 2008) is Jonny Magus (guitar/vocals), Travis (guitar/vocals), Nige Spencer (bass) and Dynamite Daz Lee (drums). The strand between all the soap opera style comings and goings of musicians has been Dave Fairbrother of the late but very great Leeds mod band The Lost 45s UK, as he was the catalyst in getting The Ace motivated; and his constant help and advice has always been greatly appreciated.


すべてが失われた訳ではないんだよ。デイヴ・フェアブラザーの友人でThe Lost 45s Ukのメンバーでもあるナイジ・スペンサーが今The Aceでベースを弾いている。これは素晴らしいニュースだね。というのは、ナイジは素晴らしいソングライター、シンガーであり、優れたミュージシャンでもあるからなんだ。それに、元(Thee Mighty ) Uptightのドラム狂い、ダイナマイト・ダズ・リーが帰って来て、いまThe Aceで叩いてるんで、事態は完全に元に戻ったようにも思えるんだ。奴のドラミングは風変わりで極端で、エネルギーと炎の塊という、全くもってイカれたスタイルなんだ。そういう二人の一匹オオカミ型のミュージシャンがバンドに入ったんで、我々はより狂った、エキサイティングな音を推し進め始めてる。2008年秋のラインナップはジョニー・メイガス(G/Vo)、トラヴィス(G/Vo)、ナイジ・スペンサー(B)それにダイナマイト・ダズ・リー(Dr)。このバンドのミュージシャンの加入、脱退のメロドラマで結局足止めになってたのは、偉大なるリーズのモッド・バンドThe Lost 45s UKのデイヴ・フェアブラザーだったんだよな。彼はThe Aceの活動に刺激を与えてくれたきっかけだし、彼の揺るぎない助けやアドバイスにはとても感謝してる。

(part 2に続く)



The Ace MySpace page
[PR]
# by penelox3 | 2009-03-17 15:08 | The Ace

 好評発売中の「スウィート・サイケデリック・オレンジ」、最新のCDジャーナル12月号(11月20日発売)のp.207に再び(同じ文章ではありません)レビューされておりますので、ぜひ御覧下さい。全国の書店でどうぞ。

b0131930_16112990.jpg

[PR]
# by penelox3 | 2008-12-01 16:11 | インフォメーション

Santa Dog - Belle De Jour



[PR]
# by penelox3 | 2008-11-29 23:48 | Santa Dog


[PR]
# by penelox3 | 2008-11-18 00:22 | Monsieur Mo Rio


[PR]
# by penelox3 | 2008-11-18 00:18 | The Ace

Sweet Psychedelic Orange spot 003



"Belle De Jour" - Santa Dog
[PR]
# by penelox3 | 2008-11-04 15:57 | インフォメーション

Sweet Psychedelic Orange spot 002



"There Isn't Any Truth" - Monsieur Mo Rio
[PR]
# by penelox3 | 2008-11-04 15:53 | インフォメーション
b0131930_1543897.jpg


 10月28日発売のクッキーシーン12月号(Vol.64)に、コンピCD"Sweet Psychedelic Orange"のレビューが掲載されております。 99ページの一番下です。

ぜひぜひご覧下さい。
[PR]
# by penelox3 | 2008-10-27 15:10 | インフォメーション
b0131930_11453566.jpg


 Vostok Sound OrganizationのコンピレーションCD "Sweet Psychedelic Orange"(スウィート・サイケデリック・オレンジ)、10月25日にリリース予定です。6カ国15アーティストによる15曲を収録、2100円。フルカラーのブックレット、デザインはもちろん今回もエル・グラフィックです。

収録曲
01. The Ace "Adamantine Sorceress Of Ecstasy"
ジ・エース / アダマンティン・ソーサリス・オブ・エクスタシー
02. Monsieur Mo Rio "There Isn't Any Truth"
ムッシュー・モ・リオ / ゼア・イズント・エニイ・トゥルース
03. Santa Dog "Belle De Jour"
サンタ・ドッグ / ベル・ドゥ・ジョール
04. Lumeny "Awakening"
ルメニー / アウェイクニング
05. Age Of Jets "Beep Command"
エイジ・オブ・ジェッツ / ビープ・コマンド
06. The Music Lovers "Alan Lake"
ザ・ミュージック・ラヴァーズ / アラン・レイク
07. Sloppy Joe "Anyway"
スロッピー・ジョー / エニウェイ
08. The English Roundabout "Hallucinogenic London"
ジ・イングリッシュ・ラウンダバウト / ハルシノジェニック・ロンドン
09. Paul Bevoir "His Number One Fan"
ポール・ベヴォワー / ヒズ・ナンバーワン・ファン
10. Wingdisk "Pink Snow (Space Mix) For Lil 8"
ウィングディスク / ピンク・スノー(スペース・ミックス) ・フォー・リル・エイト
11. Fiel Garvie "The Palace Lights"
フィール・ガーヴィー / ザ・パレス・ライツ
12.Mr.Wright "I Wish I Had A Girl Like You"
ミスター・ライト / アイ・ウィッシュ・アイ・ハド・ア・ガール・ライク・ユー
13. The Penelopes "Trick Of The Light"
ザ・ペネロープス / トリック・オブ・ザ・ライト
14. Achordian "The Day That The Town Finally Died"
アコーディアン / ザ・デイ・ザット・ザ・タウン・ファイナリー・ダイド
15. Rinaldi Sings "Julie Barber"
リナルディー・シングス / ジュリー・バーバー

b0131930_11465410.jpg

b0131930_11471490.jpg

b0131930_11472955.jpg



====(販売情報)==========================================


 銀行またはPayPalにて代金2100円(送料は無料です)をご送金いただき、入金が確認出来次第商品をお送りいたします。まずはご送付先を記載したメールをお送りください。送金に必要な情報をお知らせします。

Emailアドレス:-
baanb009@jttk.zaq.ne.jp

PayPal (日本語)


以下の各店でも販売いたします。

Apple Crumble Record(東京・渋谷)

■Pop・Satori(名古屋・中村区)
名古屋市中村区椿町20-15 国鉄会館1F
名古屋駅より徒歩約4分
地図
TEL: 052-453-5033

SEANT(名古屋・栄)
名古屋市中区栄3丁目34-41
地下鉄矢場町4番出口を出てパルコ西館と南館の間の細い道を西へ300m、ガラス張りの建物
地図
TEL: 052-261-4453
TEL: 052-261-4453

Velvet Moon(大阪)
お問い合わせ:
info@velvet-moon.com

disques dessinee(ディスク・デシネ) (神戸・元町)
兵庫県神戸市中央区栄町通 2-1-2
日東ビルディング B03
JR、阪神「元町駅」より、南(海側)へ徒歩約5分
旧店舗より、南西へ徒歩約7分
地図

なお、ダウンロードによる音源販売はいたしませんのでご了承ください。
[PR]
# by penelox3 | 2008-10-25 05:15 | インフォメーション
b0131930_8242633.jpg


 ちょうど発売されたばかりのCDジャーナル11月号に、"Sweet Psychedelic Orange"のレビューが掲載されております。

p.108の左端一番下です。今月の注目盤として、なかなかの好評価です。

よろしければご覧下さい!

CD Journal.com
[PR]
# by penelox3 | 2008-10-24 08:25 | インフォメーション

Sweet Psychedelic Orange spot 001



"Adamantine Sorceress Of Ecstasy" - The Ace
[PR]
# by penelox3 | 2008-10-22 14:41 | インフォメーション
 コンピレーションに参加しているサンフランシスコのバンドThe Music Loversのアルバム"Guide For Young People"が、日本のENOUG-HO RECORDSより9月24日にリリースされました。


詳しくはこちらのレーベルサイトをご覧下さい。

ENOUG-HO RECORDSオフィシャルサイト

b0131930_14321738.jpg

[PR]
# by penelox3 | 2008-10-08 14:32 | The Music Lovers

Age Of Jetsの新曲



 Age Of Jetsの新曲"Synthesise Everything"、9月1日からiTunes, Beatportなどで入手可能。よりエレクトロポップ路線を進めたキュートな一曲です。


こちらでチェックしてみて下さい。
[PR]
# by penelox3 | 2008-08-13 13:31 | Age Of Jets